体験談

【毛は復活します】永久脱毛の定義と嘘

【毛は復活します】永久脱毛の定義と嘘

ナヤム君
永久脱毛が永久じゃないって聞いたんだけど、マジ?

マジ中のマジ。

「おいおい永久ちゃうんかいバカヤロゥ」
かも知れませんが、理由を説明します。

永久脱毛というのは、
一定の基準(定義)を満たせば名乗る事ができます。

永久というフレーズが誤解を招きやすいですが、
毛は復活します。
人間の生命力、恐るべし。

「0カロリー」と一緒ですね。
厳密には無でなくても、ほぼ0なら名乗れるという。

ナヤム君
ならもうやーめた。寝るわ。

不貞寝もいいですが、問題はそこじゃ無いんですよ。

世間一般で言う永久脱毛の中には、
その定義すら突破できていないものがあります。

結論、脱毛「サロン」がアウト。
理由を解説します。

そもそも永久脱毛って何?

そもそも永久脱毛って何?
前述の通り、「永久脱毛=2度と毛が生えてこない」ではありません。
厳密な定義があり、クリアしていれば永久と付ける事を許されます。

「永久脱毛」には定義がある

永久脱毛は、FDA(米国食品医薬品局)とAEA(米国電気脱毛協会)が定義しています。

参考

永久脱毛の定義

  • FDAの定義:一定の脱毛施術を行った後に再発毛する本数が、長期間において減少し、その状態が長期間に渡って維持されること
  • AEAの定義:脱毛の経過1カ月後に毛の再生率が20%以下なら永久脱毛と呼ぶ

参考リンク
リゼクリニック:永久脱毛は本当に「永久」なの?
永久脱毛の定義って何?初心者が覚えるべき脱毛知識まとめ


どちらも女性向けのクリニックですが、施術内容に大差はないので男性も要チェック。

ナヤム君
・・・定義曖昧じゃね?

その通り。永久と言いつつ、毛が復活リスクはある。

良くあるじゃないですか。
「※画像はイメージです」とか、
「※食べられません」みたいなやつ。

コッソリと永久脱毛にも
こうして書いてあるんです。

しかし、施術回数を重ねる内に復活も減っていきます。
問題は永久脱毛の定義すら満たせないヤツ。

奴らは無限に再生します。

定義を満たさない「抑毛」と「減毛」と「除毛」

「脱毛クリーム」と呼ばれるものは、
毛を溶かす効果しかないので、毛が再生します。

家庭用の脱毛器もそうです。
「抑毛効果」「減毛可能」「除毛クリーム」または、
ただ「脱毛」と書いてあるかも知れません。

ぜーーんぶ毛が再生します。
ヒゲ剃りと大差ない。

「永久脱毛」の一人歩き問題

「永久脱毛」の一人歩き問題
ここからが本題。

「あなたのイメージする永久脱毛」
と、
「定義を満たす永久脱毛」
は違います。

結論、脱毛サロンでは永久脱毛できません。

永久脱毛のイメージ

「永久脱毛に行ってきた」と言う女性の多くは
脱毛サロンで施術を受けていますよね。
いっつも通い詰めてるイメージ。

でも、
全員ムダ毛が再生します。

「永久脱毛」と言うイメージだけが先行し、
実際に基準を満たしているかなんて、考えもしません。


知らないって怖い。

でも、実は見分けるのは簡単。
本当に永久脱毛して欲しいのであれば、
脱毛クリニックに行けばOK。

永久脱毛はクリニックで受ける

そもそも、
「脱毛はサロンに受けに行く」と言うのが間違い。

正確には、
「サロンかクリニックに受けに行く」です。
この違いが分かってないとヤバイ。

そもそも全部サロンだと思ってたアナタに言ってるんですよ笑

ナヤム君
で、でもさあ。違い分からんやん!何が違うの!

ぶっちゃけ、ほぼ一緒。笑

違うのは脱毛機械の出力だけ。
でも、それが全てを決めている。

永久脱毛のロジック

  1. 永久脱毛の定義を満たすには、高出力の機械が必要
  2. 高出力の機械は危ない
  3. 医師しか使えないように国が規制
  4. 医師が勤めているのはクリニック
  5. クリニックでは永久脱毛できる


証明おわり。

永久脱毛と軽く言いますが、意外とハードルが高め。
国が「医療行為」として定めているレベル。

そこから名前を取って、
「医療脱毛」と言われるのが永久脱毛の正体です。

永久脱毛とは毛を殺す事なり

永久脱毛とは毛を殺す事なり

ナヤム君
なるほど。永久脱毛は医療行為。
クリニックでしか受けられないと。でも女の子はサロンでツルツルやんけ。

イメージがしにくいポイントなので、こう思うかも知れません。

サロンとクリニックは機械の出力が違います。
要は、毛根を殺せるレベルに達しているかどうかの差別化。

どちらも毛は再生するのですが、
流れが違うんです。

サロンは毛根を病院送りにする

サロンの施術はそもそも、
毛の復活を前提にして行われています。

永久脱毛ではないので、
毛根を弱らせる事が目的。

イメージが「病院送り」です笑
ボコボコにして、全治数ヶ月の傷を負わせます。
でも、しばらくすれば治る。

クリニックは毛根を殺す

クリニックは違います。出力が十分にあるので、
毛根を殺す事が目的。

イメージは「銃撃」です笑
基本はヘッドショットですが、たまに胴に当たって生き残る場合があります。
一命を取り留めた毛根が復活します。

ココがポイント

  • 脱毛サロンは「毛根を弱らせる」
  • 脱毛クリニックは「毛根を殺す」

まとめ:サロンとクリニックは違う

永久脱毛の誤解は、
クリニックとサロンの違いを理解していない所が肝。

クリニックの方が長期的に見ると優秀で、
効果は金額に現れます。

一番大事な所。
確かに最初はサロンの方が安いですよ。
ただ、ずーっと再生するのでずーっとお金がかかります。

最終的に高くなるのは脱毛サロンです。
毛が復活するので。

「総額いくらになるのか」をサロンに行く前に問い合わせましょう。
月額に釣られるのはヤバイ。

それに、言うほど脱毛クリニックも高くないですよ。
以下のページで極限まで安くする方法を紹介しているので参考にして下さい。


ヒゲ脱毛は7333円まで落とせます。

ブログランキング参加中


美容(メンズ)ランキング

面白かったらポチって貰えると、筆者が喜びます。

ブログランキング・にほんブログ村へ

-体験談

Copyright© ヒゲ脱毛で56万溶かした男のブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.